オール電化

オール電化のメリット

火を使わないので安心の生活環境

ガスコンロをIHクッキングヒーターにすることで、火を使わないので、小さなお子様やお年寄りまで安心して料理が使用できます。
また料理の際の吹きこぼれなどで、火が消えてしまうこともありません。

空気を汚さないので、お部屋がクリーンに

ガスの燃焼と違い、嫌なにおいもでませんので台所やお部屋の空気環境がクリーンに保てます。

光熱費が経済的に

今まで、ガス料金と電気料金を支払っていたものが電気料金に1本化され、管理が便利になります。
給湯を今までのガスからエコキュートに変更することで、安い夜間電力を利用するなどのコスト低減が可能です。
また電気料金の料金メニューを生活に合わせたプランにすることで、よりコストを抑えることができます。

デメリット

・急に大量の湯が必要になった際に湯切れになることがある。
→焚き増し運転になります。湯切れする前に感知し、お湯をつくります。
・ガスの給湯器とよりもサイズが大きい貯湯器とヒートポンプユニットを設置するスペースが必要。
→薄型、コンパクトサイズなどや新聞紙一面と同サイズ程度で設置できるものもあります。

vsガス

  • オール電化の良い点
    ・IH調理器は火を使わないので、高齢者も安全。
  • オールガスの悪い点
    ・火を使うので、使い方には注意が必要。
    ・二酸化炭素を排出する。

優遇ローン制度

オール電化導入向けの優遇ローン金融機関によっては、オール電化を導入した場合限定で、ローン金利が優遇される制度があります。新築やリフォーム時に機器購入時などさまざまな機会に活用できます。 特に新築、マンション購入などの住宅購入時に活用した場合は金額面での大きなメリットが期待できます。金利の優遇対象は、電化関連費用だけでなく、住宅取得資金全体。住宅購入時は借入金額が大きいため、小さな金利差でも、優遇されることにより大きなメリットが生まれます。
※金融機関によってさまざまな商品あり、具体的な金利・サービス内容、利用対象、借入上限額などは、金融機関によって異なります。ご注意ください。
■エコキュートの導入補助金制度エコキュートに関しては、一部の市町村で、これからエコキュートを導入・設置される方に対して、その購入費用の一部を補助金で助成する制度があります。マルイチでは補助金の申請も代行しております。

施工の流れ

  • 現地調査・設置場所の確認
    現場にて実寸を取り、設置場所の確認、配管経路の確認を行います。
  • 土台基礎工事
    実寸確認を元に、エコキュートの土台となる基礎の工事を行います。
  • 電気契約・配線確認
    現状の配線を確認し、本工事の際の配線プランを作成し、契約変更の手続きのため現状の配線状況と配線プランを電力会社に報告する申請書を作成します。
  • 既存設備撤去
    現在設置されている設備の撤去を行います。
  • 配管工事
    現場調査を元にした配管プランをたて、配管を行います。
  • 電気配線工事
    調査時の配線プランを元に専用回路の増設配線等を行います。
  • 専用回路増設
    エコキュート・IHクッキングヒーター用の専用回路(ブレーカー)を増設します。
  • エコキュートの取付け・設置工事
    エコキュートの取付け・設置工事を行います。
  • IHクッキングヒーターの取付け・設置工事
    ビルトインタイプのキッチンでははめ込みのみを行い、据え置きタイプのものでは、置き台や専用枠を用いて設置します。
  • 画像はIHクッキングヒーターではなく、ラジェントヒーターです。

  • リモコン取付け
    浴室とキッチンなどにエコキュート専用のリモコンを設置します。
  • 作動チェック・試運転
    施工後、エコキュートのリモコンや、IHクッキングヒーターの作動チェック、試運転を行います。
  • 取扱い説明
    取り扱い説明書だけでは伝わりにくい部分や皆様のご質問に沿った操作説明を行います。

保証とアフターサービス

IHクッキングヒーターやエコキュートなどの製品は各種の取扱いメーカーが保証制度を設けていますので、購入後の修理・交換に際しても安心してご利用いただけます。
また、マルイチ自身が点検を行いますので、導入後もご安心ください。